ページの表題 新聞で流行予測 2017/12~ トップページへもどる

「大人ミニ」が売れた!

バリエーションがないと楽しくない

  パンツにリードされながらも膝下丈を中心にがんばっているスカート。18年春夏も長めの丈のスカートを多くのブランドが出している。そんな中で、「ダブルスタンダード・クロージング」(フィルム)はミニを推す。17年秋冬に仕掛けた「大人ミニ」が直営店で完売したため、春に向けても2型作った。
  秋冬に売れたのは、
       〔・・・・・・・・〕
店頭に出してすぐに売り切れ、当初は認識されていなかったが、結果を集約してヒットが分かった。

 
◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇
   
モード工学研究所の森田洋一 読紙感想文
モード工学の森田洋一です。
 
左の文は繊研新聞2017/12/26付の記事からの抜粋です。
 
昔私は、地下鉄の神宮外苑前駅の近くで仕事をしていたことがあります。その当時の話です。ラクビーなどの大きな大会がある日には、その地下鉄の出口にはダフ屋が出ます。3人一組で縦に並びます。そして地下から出てきた人に3人が順番に声をかけます。「チケットはいらんかね」。3回目に声をかけたダフ屋から客はラクビーの入場券を買います。
 
   
3人が横に並んで別の客に声をかけたほうが効率がよさそうなものですがそうはしません。1回の声掛けでは人は動かない。動かすためには繰り返し働きかける必要がある。それをダフ屋は知っているのです。
 
よほど強烈な経験でない限り、1回ポッキリの出来事では我々の行動は変わりません。それを変えさせるには繰り返しが必要です。繰り返すことで、行動に移すときのためらい 不安 恐怖を薄れさせます。テレビコマーシャルが、全く同じあるいはほとんど同じ内容を繰り返し流すのも、テレビ通販でナレーターが同じセリフを何回も言うのも、繰り返さないと人が動かないことを知っているからです。
 
仮需(供給側の行動)は実需(消費者側の行動)
 
ファッション予測と流行予測、次へ

 
-流行予測 2段目-
仮需は繰り返しに弱いの瞬間値に反応して変化するわけではありません。瞬間値ではなくてその繰り返し、つまり累積に反応して変化します。それで受給の関係はサインカーブの積分に似てきます。流行がサインカーブだと言っているのではありません。仮需が実需の瞬間値ではなくてその累積に反応しているので、その関係が正弦関数の積分みたいになるのです。魅力のピークが仮需のスタートになり魅力の終わりが仮需のピークになるてんでも正弦関数の積分に似ています。
 
仮需は実需の累積に反応しているのですから、その関係は株価に例えると移動平均に似ています。移動平均の値は実際の株価よりかなり遅れ変化の幅も小さくなります。両方の
   
値が一致するのは瞬間でしかなく、小さすぎるか大きすぎるかしている期間がほとんどになります。つまり、需給バランスが崩れている状態がほとんどの期間で当たり前になっているのです。
 
同じ経験を繰り返さないと動けないという性質は消費者にもあります。だから魅力のピークと購買のピークは一致しません。価格が安ければかなり魅力が落ちた後でも保守的な客が買ってくれます。でも、消費者は、供給側とは違って物の購買に生活がかかっているわけではありませんから、過去の流行にとらわれる度合いが、供給側の人間より圧倒的に小さいのです。でやはり、受給のアンバランスはいつでも大量に存在し続けます。
 
(この文、18年01月11日に記載)
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
     
 
ファッション予測と流行予測、次へ


2016/11/07ページ作成、2018/01/11最終更新